簡単なのにおいしくできる! 電気圧力鍋はすごい!

nikomi

ビーフシチューや豚の角煮など、長時間煮込む料理も短時間でできる圧力鍋は、主婦に人気の商品ですね。
でも、電気圧力鍋なら、普通の圧力鍋よりももっと楽においしいお料理ができるんです。

一般的な圧力鍋は、普通の鍋と同じようにガスコンロにかけて使いますが、
電気圧力鍋は炊飯器や電子レンジと同じようにコンセントを差し込んで、電源を入れて使います。

 

だから、普通の鍋や圧力鍋と違って、スイッチを入れて調理をしている間、キッチンから離れても大丈夫なんです。

例えば、一階のキッチンで、圧力鍋を使って調理をしている間に2階のベランダまで行って洗濯物を取り込んだり、
子どもと遊んであげたり勉強を見てあげたりもできます。

そして、調理が終わるとピピー!と知らせてくれます。

 

使い方もとても簡単!

食材を入れた後、加圧の仕方を高圧、低圧の2種類から選択して、何分間加圧するかセットします。

 

操作は全部ボタンを押すだけです。何分間加圧するかも、説明書に書いてあるとおりなので簡単です。

例えば、じゃがいもは低圧で3分、大根は低圧で7分、牛肉は角切りなら20分、という感じです。

 

加圧調理が終わった後は、保温状態をキープしてくれます。

加圧調理した後に煮込む場合も、煮込みボタンと何分間かを選択するボタンを押すだけです。

そして、簡単で楽ができるだけでなく、電気圧力鍋なら煮込み料理をおいしく作れます。

 

そんなに高くない牛肉を使っても、とろけそうなくらいにやわらかく仕上がるので、
ビフシチューやビーフカレーがとてもおいしく出来るのです。

 

私はお料理に自信がありませんが、電気圧力鍋のおかげで、うちの家族はいつもおいしい夕食を食べています。