煮物がうまくいかない場合の黄金比率!

結婚してみてはじめて思ったんですが、料理って難しい。071439

とくに煮物系のお惣菜って、味付けが難しくないですか。

私は料理が下手なので、いまでも本を見て作ることが多いんです。

もちろん調味料は本に書いてある通りの量を、きちんと計量スプーンやカップではかってから入れます。時間だって、キッチンタイマーではかります。

それなのにできたらおいしくない。目分量でバサバサ放り込んで作る、ダンナの料理のほうがおいしいくらいなんです。がっくりしましたね。

そこで料理上手の友人に、煮物のコツを教えてもらいました。


彼女は眼をぱちくりして「煮物がうまくいかないなんて、信じられない」って。で、スッゴい簡単な調味料の合わせ方を教えてもらいました。

だし汁1カップに対して、砂糖大さじ1、醤油大さじ2。これだけなんです。私も聞いてから「これだけ?本当は他に何かいれるんでしょう?」と聞き返してしまいました。

ところが、家で作ってみたら、ホントにこれでいいんです。

だし汁はべつに顆粒だしで十分です。私は小さめの鍋にカップ1の水と顆粒だし、砂糖、醤油を最初に入れて、そのまま火にかけてしまいます。

ぐつぐつ言い出す前に、その日の野菜を切っていれるだけ。これでちゃんとおいしい煮物になるんです。

野菜と一緒にダシになるものを入れるのがコツですかね。

ちくわ、はんぺんなどの練りもの系や高野豆腐などを一緒に炊きます。野菜は単品でもいいし、ニンジンとキノコみたいに組み合わせてもおいしいです。

ちなみに、炊いている時間は8分くらいでいいんです。

炊けたら、落としぶたとガラスふたで密閉しておきます。昼に炊いて夜に食べれば、味はバッチリしみ込んでいますよ。

ダシ、砂糖、醤油の黄金比率は倍にしても大丈夫です。どんな野菜もこれで全部炊けますよ。